金を貰って処理をするから胡散臭い話になる訳で。

テーゲーな仕事の尻拭いは税金では無く自費でやり
(民間企業では当然ボーナスなんか吹っ飛びます)
その分の県費を使って自力で瓦礫の運搬と処理に協力すれば
真の意味で「痛みを分かち合う」ことになるでしょう。

そういう税金の使い方なら県民も納得するはず。
ただし、政府の「問題無い」は信用できないので
自前で正確な放射線測定をする事が前提なのは
言うまでもありません。

2012.03.20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kigurashi.blog33.fc2.com/tb.php/182-37a3ca5a