被災されたり、放射能を懸念されるなどして多くの方が身を寄せるここ沖縄ですが
欠陥戦闘機・輸送機が飛来する基地があったり
アジア諸国に近いため人工衛星という名のミサイルが飛んできたりと
沖縄なりのリスクがあります。

震災以降、子供たちにどの地域の大学を薦めるべきか悩んでいましたが
どこにいても何がしかのリスクはあると思い至り
今は後悔の無いよう行きたいところに行くのがいいという心境です。

そのミサイルへの日本政府の対応が議論を呼んでいますが
某カリスマDJがラジオで「韓国やアメリカの敏感さは報復につながるが
日本は右往左往しているうちに事が収まってしまい、戦争なんかにならない。
これはこれでいいことなんじゃないか」という趣旨のコメントをしてました。
ポジティブであったかい見方だなあ、と感心。

だけど、そんな日本人の特質も
原発事故に右往左往させられた時には
放射能飛散予測を出しそびれたまま隠蔽し、多くの被曝を招く結果に。
これはどうしてもネガティブにしか考えられないのですが
僕の心が狭いんでしょうか、小林さん?

2012.04.18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kigurashi.blog33.fc2.com/tb.php/184-3ae339c0