蝉がビッシリって不気味
欠けが進み薄暗くなると、蝉たちも静かになって様子を伺っていました。
小学校以来かなあ。日食を見たのは。

その日皆既日食を見に奄美大島でキャンプをしていた大学の友人・秋谷一家が、経由地の沖縄に泊まった折、また我が家を訪ねてくれました。前回から約1年ぶりです(今回は写真を撮りそびれました…)。
残念ながらその瞬間は雲に覆われていたそうですが、持参の望遠鏡で輪郭は確認でき、数分間の神秘的な闇も堪能できたようです。

深夜にテントを襲う雷雨や、慣れない大人数を抱えたキャンプ場(同情の余地はありますが)のあまりにテーゲーな対応など、数々の困難を微塵にも感じさせず楽しげに帰路に着く一家。
深い海も平気で泳ぐ自然児の二人の娘さんは、雷にも気付かず熟睡だったそうです。

ワイルドなお父さんと明るいお母さんに鍛えられた娘さんたちは、きっとララ・クラフトのようなCOOLな女性に成長することでしょう。
またにゃん吉を見に来てね。


話には聞いてました
ホントに木漏れ日がこんなんなってました。

2009.07.26 | 再見! | トラックバック(0) | コメント(2) |

ご愛読感謝!
今帰仁在住のダイビング部の大先輩、樋口さん宅に遊びに、じゃなかった打合せに行ってきました!
なかなか機会がなかったのですが、ようやく実現。

建築士の樋口さん自ら基本設計されたご自宅は、程よく自己主張しながらもやんばるの自然に馴染んだ居心地の良い空間。いいなあ。在宅で仕事をされるお二人の仕事場も拝見しましたが、ここなら僕も仕事がはかどりそうだなあ(……)。

当日は旧暦3月3日「浜下り」の日。すっかり海から遠ざかっている我々夫婦は、海遊びに慣れた樋口さんご夫妻に近くのリーフに連れて行ってもらいました。あいにくの小雨模様で最干潮より遅めにスタートしたため、既に獲物は地元の方々に取りつくされた様子。
でも、広い敷地の一画を占める畑から樋口さんが収穫された野菜やハーブをいただきました!
カミさんが最近取材したハルサーの片岡さんが偶然にも樋口さんのご近所さんで、そちらでも取れたてを購入。野菜満載で幸せな車は一路糸満へと帰路についたのでした。

写真は、ご自宅での樋口さんご夫妻と、片岡さんの記事が掲載された近刊。

2009.04.07 | 再見! | トラックバック(0) | コメント(0) |

次回はもっとゆっくりしてってね

小池君は僕ら夫婦の後輩で、学生時代のダイビング仲間です。

帰りのフライト直前に家族で立ち寄ってくれました。



前回沖縄で会ったのは、確かまだウチのカミさんが息子を妊娠中っだった時。

時の流れは早いものです…。



そしてなんと彼の高1の娘さん(写真左から2番目)は、カミさん(写真最右)の高校の後輩にあたるとか!

世の中は狭いものです…。



またみんなで来てね。



2008.12.29 | 再見! | トラックバック(0) | コメント(2) |

スピリチュアルなお二人

去る8月中旬、学生時代のサークルの先輩小笹さん夫妻が北海道から来沖。



以前から”リゾート”沖縄には何度もいらしてましたが、アメリカでネイティブインディアンの住むパワースポット或いはヒーリングスポットを訪ねて以来それが旅の主題の一つとなり、今回は斎場御嶽と久高島がメインテーマ。

翌日に久高に泊まるというお話でした。



来房の際も帰省前でバタバタし、その後も連絡できずにすみません!

久高で何を感じたのか、ぜひ聞かせてください!!

またご連絡しましょうね~。

2008.09.04 | 再見! | トラックバック(0) | コメント(0) |

にゃん吉の義兄弟

にゃん吉によく似てますが、これは「プリン君」。大学で同級だった秋谷君の飼い猫です。

喧嘩班長(ケンカっ早いが弱いので)のにゃん吉もケンカ傷が悪化して通院中ですが、プリン君はやんちゃが元で大手術を経験、無事生還するも後遺症をかかえているそうです。



僕より全然沖縄を良く知ってる沖縄通の友人が何人かいますが、秋谷君もその一人。いつもは離島を回る彼が今回は本島で遊ぶ途中、家族でにゃん吉に(?)会いに来てくれました。

猫好きのあすみちゃん・ほなみちゃん姉妹からお土産をもらって満腹し、幸せそうにごろ寝するにゃん吉のケガはきっとすぐに良くなることでしょう。



秋谷家の皆さん、わざわざありがとうございました!

いつかプリン君が大磯の山でウサギ狩もしくはイノシシ狩をする姿を拝見したいものです。



と言う事だったんだけど、小林君見てますか?





日に焼けた秋谷一家

家族の肖像 (写真提供:秋谷家-2枚共)

2008.07.27 | 再見! | トラックバック(0) | コメント(2) |